人生系YouTuber やっちゃんねる について考える

人生系YouTuberについてあれこれ考察します

絶賛炎上中

あれから1年以上が過ぎ、やっちゃんねるは絶賛炎上中となってしまった。
あの土足引っ越し以降、様々な問題が浮き彫りになり、動画に反発する声もかなり多い。動画をアップする度に内容を指摘されるようになっている。
何故、こうなった。

 派遣を辞め、実家近くに引っ越してきたやっちゃんねる。
引っ越しも業者に頼むのではなく、自身の車に荷物を詰め込み、高速を何時間も走らせてきた。そして、引っ越し先のマンションに荷物を運ぶ訳だが、マンションのエントランス前に何時間も車を停めっぱなしだったらしい。そのため、駐車禁止の張り紙が車に貼られらようだ。マンションによっては、長時間の駐車が出来ない場所があるのは当然だ。ルールを守れない以上は、お叱りをいただいても仕方ないが、配信者は、これに対し「この町は閉鎖的」とまさかのコメント。そして、更に驚いたのが、配信者を擁護するような声もあったことだ。どう見ても、配信者が悪いと思うが、やっちゃんねるは悪く無いと、配信者を守るようなコメントがあったことに、寒気を覚えた。

 そして、派遣を辞めYouTube一本での生活が始まるのだが、アップされる動画がクソつまらない。それもそのはずで、派遣というエッセンスが無くなり、ただの無職のおっさんの日常を見てもなんとも思わない。
コメント欄にも容赦ない厳しいコメントが増えていくのだが、摩訶不思議な現象が起き始める。昨日まであったはずの厳しいコメントが無くなっているのだ。
ふとコメント欄を見ると、暖かい応援のコメントのみとなっており、厳しい指摘のコメントは一切見当たらない。それもそのはずで、配信者自身がコメントを削除していることが発覚。最初はかなり厳しいコメントのみであったが、段々とエスカレートしていき、動画へのアドバイスなども削除されてしまうようになった。
配信者は自身に賛同するコメント以外は一切排除し、それ以外をアンチと認定するようになる。こうなっては、更に反感を買うことになる。
実際ネットの掲示板にも、配信者に対する反発の声が上がるようになってしまった。

 事はそれに収まらない。
なんと配信者自身がその掲示板をチェックし始める。
それ自体は何もおかしいことはないのだが、そう言った声を排除しようと動き出したのだ。自身のSNSで時給2000円で、アンチ監視のバイトを募集し出す始末だ。
YouTuberに関わらず、芸能人でもアンチは少なからずいる訳で、当人も承知のはず。
だが、そういった自身のアンチを排除しようとまではしないだろう。
これでは、どこかの宗教団体か独裁国家のような思考ではないか。
自分たちの信念に従えない者は消せばいいという、
かなりやばいマインドだ。
現に、この頃から配信者の顔つきもどこか変わり始める。

 そんな状態の中、YouTubeではライブ配信が行われる。
派遣時代からも度々ライブ配信は行っていたが、このアンチ排除状態でのライブ配信でも問題が発生する。もちろんだが、ライブ配信中も反発するコメントが上がる訳だが、
そんなコメントを見たのか、配信者の顔つきが如実に変わり始める。
画面を睨みつけるような鬼の形相になってしまった。
また、別のライブ配信では、配信中に長時間も外出するという、正気の沙汰とは思えない行動に出る。
一旦、ライブやめればいいじゃんと誰もがツッコミを入れた事だろう。

その人生はまさにシンデレラ

 シンデレラという童話は誰もが知っているであろう。
簡単に言うとワンチャンスで、成功に手にすることだ。シンデレラボーイ、シンデレラストーリーなんて言葉を耳にしたこともあるだろう。このYouTuberもまさに、シンデレラのような人生である。

 やっちゃんねるは、元々、営業やIT企画の仕事をやっており、
その後起業したが、ビジネスに失敗し、借金を背負った苦労人のようだ。
メガネをかけ、流暢に喋る姿から、どこかエリートを想像させる。
だが、動画内では、不器用に料理を作ったり、忘れ物をしたりと、おっちょこちょいな一面もあり、そういった姿に好感を持つ人も多かった。その後、有名YouTuberの動画内で、や○ちゃ○○るが紹介されたことで、さらに、登録者、再生回数は拡大する。
あれよあれよという間に、登録者数は10万人を突破し、YouTubeで生計が立てられるまでになった。安定的な収益を得られるようになり、視聴者からも祝福のようなコメントも多く寄せられ、まさに、順風満帆と言ってもいい状態に。
この時は、動画を見ていた誰もが彼の成功を信じていたことだろう。
だが、雲行きは徐々に怪しくなっていく。

 緊急事態宣言も明けた頃、や○ちゃ○○るは突如、実家へと赴く。
実家は、住んでいるところからはかなり離れており、
どうやら、派遣の仕事についてから、一度も実家に帰ってはいないよう。
動画内では何故、実家に行くのかは触れられなかったが、その直後、急に引っ越し動画がアップされる。やっちゃんねるは常々、派遣を辞めたい、実家近くに引っ越したいと話していたことから、視聴者は、いよいよ派遣を辞めるのかと思ったことだろう。
そして、引っ越しをする訳だが、そんなタイミングでようやく事情が説明される。
内容は察しの通りで、派遣を辞めて、実家近くに引っ越すとのこと。
普通ならば、喜ばしいことであるが、私はその時思った。

 このYouTuberは派遣と言う武器を持っていたからこそ、ここまで動画が作れたはずなのに、その武器を捨てて、この先やっていく算段はあるのかと。同じように心配する声も多かったようで、のちに、「なぜ派遣を辞めるんだ」と強く言われたことも明かしている。そして、この出来事により、事情は一変する。
このYouTuberを見る目が変わってしまったのだ。
私だけでは無い、他にもこのYouTuberに対する見方が少しづつ変わり始めた。

 そして、事件は起きる。
引っ越し当日の動画で、部屋の荷物を全て出し、何も無くなった部屋を撮影していたが、まさか、土足で部屋の中を歩き出したのだ。
自身でカメラを持って撮影しているので、当然足元も映る訳だが、靴を脱いでいない。
これには、流石に指摘する声も多かったが、配信者は「最後なので土足です」と謎の返事をするだけだった。そもそも、派遣時代に住んでいたアパートいうのは、派遣の会社が用意したものらしく、当初はかなりボロいアパートが用意されたらしいが、配信者のワガママで割と綺麗なアパートに変えてもらった経緯があった。
そんな、恩を仇で返すようなことをしてしまい、かなりの視聴者から反感を買ってしまった。(また、SNSでは派遣の最終日の出勤をバックれたことも発覚)
突如として、人生系YouTuberは炎上への道を歩み始めたのであった。

やつやちんねる、否!やっちゃんねる

 私が人生系YouTuberという言葉を知ったのはある動画を見てからだ。
その動画は、タイトルに底辺、派遣と言ったワードが組み込まれており、
何やら興味をそそられてしまった。
内容は、派遣の仕事をやっている中年の私生活を動画にしているものであった。
YouTubeはルーティン動画と言う、一日の生活の流れを動画にしたものがある。
この派遣の男性も仕事に行ってから帰宅し、就寝するまでの流れを動画にしていた。中年男性の一日のルーティンなど興味はないが、これに底辺、派遣とついていると話は別である。底辺と付いているだけで、恐らく貧乏だろう、苦労しているだろうと連想してしまう。そんな男性がどんな部屋に住んでいて、どんなものを食べて、何をしているのか。ついつい、そんな私生活を覗いてみたいと思ってしまった。

 その中年は、自身をやっちゃんねると名乗り、年齢は40代後半、
容姿は普通、どちらかと言うと仕事ができそうな見た目である。
のちに、動画内でも語っていたが、どうやら事業に失敗し、派遣の仕事に流れ着いたとのこと。そんなYouTuberに動画内のコメントには、応援するようなコメントが溢れ、徐々に登録者数、動画の再生回数が上昇していった。

 ここで、YouTubeで収益を得る仕組みだが、収益の大部分は広告収入だ。
YouTubeの動画に広告が付くことで、その動画を見れば見るほど、
配信者に広告収入が入るようになっている。
つまり、動画の再生回数によって収益が決まると言っても過言ではない。
そのYouTuberの動画にも広告が付き、徐々に収益が伸びていったようであった。

ただ、ここである疑問が浮かんだ。
そもそもなぜ、この男性の動画を見始めたんだろうか。
筆者が見始めた頃は、登録者数も1000人に満たない状態で、私と同じようになぜだか見始めた人が大多数である。時期的には、コロナウイルスが猛威を振るい始め、日本国内でも初めて緊急事態宣言が発令された頃である。
そんな、国民が生活に不安を感じていた頃、筆者はよくYouTubeでコロナ関連のニュースをよく見ていた。TVと同じようにYouTubeでも連日、コロナに関するニュース動画がアップされており、仕事終わり電車内でよく動画を見ていたものだ。
コロナにより緊急事態宣言が発令されたことで、感染者数と並び問題となったのが、雇用である。コロナより、企業の業績不振が相次ぎ、派遣社員アルバイターは職を失うといったことがあった。
私を始め多くの人は、国内の雇用に関して興味を持っていたであろう。
正社員もそうであるが、契約社員派遣社員など。
YouTubeはサイトを開くとおすすめの動画一覧が表示される。
これは、動画を見た人の趣味、過去に見た動画と似たようなジャンルが表示されるようになっている。
そう、このおすすめに突如出てきたのが、「やっちゃんねる」である。
恐らく、コロナニュース内の派遣などと結びついて、たまたま、おすすめに表示されたのだろう。同じように動画にたどり着いた人が他にもいただろう。
コロナがなかったら、もしかすると見向きもされなかった動画かもしれない。
やっちゃんねるは、まさに千載一遇のチャンスを掴んだのだ。

人生系YouTuberって?

 はっきり言って、全くと言っていいほど聞いたことがないフレーズである。
最近、YouTuber(動画共有サイトに動画を公開し、収益を得ている人、組織)と名乗る人が次々に登場しているが、その人達は〇〇系YouTuberと様々なジャンルにカテゴライズされている。代表的なところで言うと、迷惑系YouTuberや炎上系YouTuberなど。
文字を見てもいい印象は持てないYouTuberだが、そんなカテゴリーに人生系YouTuberと言うものが存在する。人生系ってなんだ?人生ゲームでもやるんか、と、聞いただけでは何なのか想像がつかない。
そこで、人生系YouTuberについて紐解いてみようと思う。

 とは言うものの、人生系YouTuberって明確なものは無く、動画配信者自身の人生(私生活)をお見せすると言うのが、人生系YouTuberとカテゴライズされるらしい。
人生、私生活と言っても何でもいいと言う訳ではない。
なぜならば、他人の私生活に興味なんて普通は持たないからである。
百歩譲ってお金持ちの人の私生活ならば、ちょっと見てみたいと思うことはあるかもしれないが、YouTubeでなくてもTVのバラエティーで見かける内容である。
ましてや、普通に可もなく不可もなく生活している人の動画も正直見る気はあまりしない。そうなってくると、興味を持たれるのは、貧乏であったり、私生活に問題を抱えていたり、TVだとドキュメンタリーで放送されそうな内容である。
なぜ、この分野に興味を持ってしまうのか?

 おそらくだが、他人の不幸は蜜の味と言う言葉があるように、人間の心理には他人の不幸を喜んでしまう心理があるらしい。
ただ、これは欲求などではなく、無意識に自分ではない他人の不幸に目を向けているといった潜在意識のようなものだ。
自分より、苦労している人を見ることで今の自分が安心してしまう、今の自分は幸せだと思ったことがある人も少なからずいるだろう。

 私はドキュメンタリー、特にフジテレビでやっているノンフィクションがすこぶる好きだ。このノンフィクションは、ドキュメンタリー番組であるが、番組内でフューチャーされる人達は、皆何か問題を抱えている人達ばかりだ。
それを日曜の昼下がりという、家族がまったりするような時間に堂々と放送している。
平日の深夜でも良い気がするが。
日曜のお昼にフジテレビというと競馬放送が控えているし、ノンフィクションの前にやっている番組は、グルメ旅番組のようなもの。その間に放送するんだから、違う番組の方がいいんじゃない?と、思ってしまうが、
このノンフィクション、なんと既に1000回以上放送している長寿番組と言ってもいい番組である。何が言いたいかと言うと、この手のドキュメンタリー番組は需要があると言うことだ。日曜のお昼にみんな見るんだから。
つまり、貧乏であったり、問題、トラブルを抱えている人の生活というのは、皆気になる内容なんだと思う。
人生系YouTuberとは、自身のそういった苦労や人生を動画にしているというということだ。
であれば、群雄割拠のYouTubeで収益を得ることはできるかもしれない。